期限の切れた薬はもう使えない?

期限切れの薬の危険性

薬には使用期限が決められている

使用期限が切れている薬を飲んでも、効果がない可能性があります。 それは長時間放置されたことが原因で、薬の成分が変わるからです。 成分が変わると効果がなくなるだけでなく、身体に悪影響を与えます。 病気が悪化するので、使用期限が切れた薬は飲まないでください。

薬の使用期限を先にチェック

使用期限を確認しようと思っても、病院で処方された薬には使用期限が記載されていないことが多いです。 すると、長く保管しても良いと勘違いしてしまう人が見られます。 使用期限は必ず決められているので、飲む前にチェックしておきましょう。 すると安全に薬を飲めます。

正しい薬の保管方法とは

使用期限内でも、保管方法が悪いと薬の成分が変わってしまう可能性があります。 みなさんは、薬の正しい保管方法を知っていますか。 これまでは適当に放置していた人もいるのではないでしょうか。 この機会に、正しい薬の保管方法を知ってください。 すると安全に飲めます。

薬の成分が変わってしまう恐れがある

食品には、賞味期限が決まっています。
それと同じように、薬にも使用期限が決まっています。
薬は高価なので、新しく購入することはできるだけ避けたいと考えている人がいるでしょう。
過去に購入した薬がまだ残っていれば、それを使えば良いと思ってしまうかもしれませんが、使用期限を必ず確認してください。
使用期限が過ぎている場合は、もったいないかもしれませんが捨てて、新しい薬を購入してください。
十分な効果を得られませんし、成分が変わってしまうことが考えられます。

成分が変わった薬を服用すると、身体に対して毒の効果を発揮するかもしれません。
身体の不調がさらに悪化するので、使用期限が過ぎた薬は絶対に使用しないでください。
病院から処方された薬は、使用期限が記載されていないことがあります。
ですが、無期限に使用できるわけではありません。
使用期限がきちんと決められているので、確認してから飲みましょう。

また保管方法も、薬の効果を発揮するために重要なことです。
使用期限内でも、保管方法が悪いと成分が変わることがあります。
正しい薬の保管方法を、前もって調べておきましょう。
薬を飲んでいれば、身体の不調を改善できると簡単に考えている人がいますが、成分が変わった薬では何も効果を発揮しません。
不調を早く直すためにも、効果を発揮できる薬を服用してください。
基本的に薬は、早めに使い切ってください。
そうすれば使用期限が過ぎることはありません。