>

薬には使用期限が決められている

薬の効果を得られない

病気になったら、薬を飲んで病原菌に対抗する人が多いと思います。
放っておくと病原菌が増えて、もっと症状が悪化します。
病気になったらすぐに薬を飲むと、早期回復に繋がります。
ですが薬を飲んでも、効果を実感できないことがあります。
その場合は、使用期限をチェックしてください。
使用期限が切れている薬は、使っても効果を得られないことがあります。

効果のない薬を飲んでも無駄なので、新しい薬を購入したり医師から処方してもらったりしてください。
全く効果を発揮できないので、病原菌がどんどん身体の中で増えていきます。
すると症状が悪化して、辛い状態が続きます。
そうなれば正しい薬を飲んでも、回復するのが遅くなってしまいます。

病気がさらに悪くなる可能性

成分が変わった薬を飲むことで、身体に良い影響ではなく悪い影響を与えてしまうことがあります。
特に、抗生物質を飲む時は使用期限に注意してください。
使用期限内に服用すれば良い効果を発揮できますが、使用期限を過ぎると毒になる可能性が高いと言われています。
病気を改善するために薬を飲むのに、さらに症状が悪化したり別の病気を引き起こしたりしたら大変です。

これまでは、使用期限を確認しないで飲んでいた人が多かったと思います。
しかしその行為は、非常に危険な行為だと理解してください。
使用期限が分からなかったら、医師やドラッグストアの店員に聞いてください。
大丈夫だろうと思って飲むと、身体に悪い影響を与えるかもしれません。


この記事をシェアする